精密測定技術及び機器國家重點実験室

2018-11-08

    精密測定技術及び機器國家重點実験室は1990年に國家計畫委員會の許可を得て設立され、機器科學及び技術學科を土臺に、天津大學と清華大學の「機器科學及び技術」と「光工學」という2つの一級學科が精密測定分野における優位性を統合しています(機器科學及び技術、光學エンジニアリングは第一期に選定された一級國家重點學科です)。本実験室は1995年に完成され、正式に運営を始めました。2007年と2012年の情報分野における國家重點実験室のアセスメントで2回連続優秀に認定されました?,F在、実験室の主任は胡小唐で、學術委員會の主任は李同保院士です。

   本実験室の主な研究方向は、レーザー及び光電測定技術、センサー及び測定情報技術、マイクロ?ナノ計測及び製造技術、製造質量制御技術です。また、応用基礎研究を主として、先進製造、自動車、石油、鋼鉄等の柱産業、及び國防、ハイテクノロジー、國民の健康、生態系の保護、科學研究等の分野の測定技術に関する課題を解決します。

   現在の科學技術の成長に適応するため、本実験室は積極的に関連のある新な研究分野を開拓し、學際的研究と學科の融合を展開しています。マイクロ製造技術、生物情報測定技術等の分野で初歩的な研究成果をあげました。

 

連絡先 〒300072 天津市天津大學精密機器學部

100084 北京市清華大學精密機器學科


電話番號 022-27406443、010-62784503

ファックス 022-27404778、010-62784503

メールアドレス [email protected]


不朽の精神の北洋大學と天津大學は代々伝わるキャンパスである

奕趣贵州麻将公众号