エンジン燃焼學國家重點実験室

2018-11-08

    本実験室は、國家の「資源?環境」戦略のニーズに応じることを目指して、エンジン動力學科の國際先端研究に焦點を合わせ、天津大學の動力機械工學、力學、化學工學、自動制御等の多學科をまたがる研究プラットフォームに基づき、燃料、代替燃料と燃料燃焼基礎理論、エンジン燃焼過程及びその最適化制御、有害排出物の産出、環境への影響及びその処理、エンジン省エネ新技術及び低炭素動力裝置、動力機械構造強度、振動、騒音、潤滑等の課題をめぐって、基礎理論、新技術イノベーション及び國の技術不足を補うシステム集積のイノベーションに関する研究を行います。中國のエンジン動力工學の分野で「開拓者と牽引者」の役割を果たしています。

研究方向

エンジン燃焼過程及びその最適化制御についての研究

エンジンによる有害排出物の産出、大気環境への影響及びその処理技術についての研究

燃料及び燃料燃焼の基礎理論についての研究

エンジン省エネ新技術及び低炭素動力裝置についての研究

動力機械構造強度、振動、騒音及び潤滑の技術についての研究

 現在、學術委員會の主任は中國科學院工程熱物理所の徐建中院士で、実験室の主任は尭命発研究員です。

実験室のURL: skle.tju.edu.cn

お問い合わせは 裴毅強へ

メールアドレス: [email protected]



不朽の精神の北洋大學と天津大學は代々伝わるキャンパスである

奕趣贵州麻将公众号