文科研究所


馮驥才文學蕓術研究院


http://www.025322.live/xywh/whyj/fyc/201412/W020141204382948729308.jpg

研究院の外側

 馮驥才文學蕓術研究院は、中國の著名作家?畫家?文化學者である馮驥才の名で命じられた獨特な雰囲気があふれる學院です。モダンな建物、ユニークな環境、キラキラしている池、竹や木に囲まれる庭、東西文化が隅隅まで染み、古今の人類文明が交じって輝いています。ロビーに摯愛真善美,關切天地人真善美を熱愛し、天地人に関心を持つ)」と書かれた扁額は、本研究院が追い求めている人文主義を表すものです。 

 

http://www.025322.live/xywh/whyj/fyc/201412/W020141203641529423673.jpg

研究院內部の風景


http://www.025322.live/xywh/whyj/fyc/201412/W020141204382948757256.jpg

 

    院訓       研究院內の風景


本研究院は教育研究部と博物館という2つの部分に分けられています。

 教育?研究の內容には、現代?當代の文學、文化遺産、民間美術、伝統村落の保護及び発展、口述歴史などの分野が含まれています。國家レベルの文化研究センターが3つ設置され、それぞれ中國木版年畫研究センター、中國民間美術研究センター、中國伝統村落の保護及び発展研究センターです。これらの研究センターは國家レベルの専門研究機構であり、また大學院生が學習と実踐を行うための學術的拠點でもあります。本研究院は大學院であり、2002年以來、すでに26人の修士課程や博士後期課程の大學院生がここで勉強と研究に取り組み、全課程を履修し終えました。

 本研究院の一大特色は、豊かな所蔵及び多彩多様な博物館を持つことです?!肝幕w験が文化學習の半分を占める」という理念を強調しているため、「研究院の博物館化」が馮驥才先生の建學理念とその実踐によるものです。學院の內外に古今の蕓術逸品が所々展示されているほか、多くの博物館(登龍門郷土蕓術博物館)も開設され、年畫切り絵ホール、彫塑ホール、民間畫工ホール、多彩生活ホール、藍染めホール、活字印刷ホールや、百花ホールなどの展示ホールが含まれています。數千に及ぶ所蔵をもって中華文化の輝かしさと強い創造力を表明しており、その多くは世にも稀に見る珍品といえるものです。


  

http://www.025322.live/xywh/whyj/fyc/201412/W020141204382948761859.jpg

郷土蕓術博物館民間彫塑展示ホール 年畫切り絵展示ホール


http://www.025322.live/xywh/whyj/fyc/201412/W020141204382948777224.jpg  

大樹書屋         大樹畫館


 

そのほか、大樹畫館には、馮驥才先生が數十年にかけて絵畫、文學及び文化遺産修復に収めた成果が展示されています。大樹書屋は本研究院の図書館であり、そこに所蔵される22種類合計10萬冊の本はすべて馮驥才先生個人の蔵書です。文學、蕓術、民間文化に関する蔵書の豊富さがその特徴とみなされ、精緻で優雅な北洋美術館は様々な蕓術や文化展示を行う場所となっています。


http://www.025322.live/xywh/whyj/fyc/201412/W020141204382948773254.jpg

馮驥才先生と研究院の教師や大學院生

 學術研究?討論、教育講壇を様々な文蕓的な展示?演出イベントと結び付けるのは本研究院特有の活動様式となっています。2005年に研究院の建設が完成して以來、2度にわたって行われた北洋文化祭、イタリア絵畫宗匠原作展示會、シルクロードの敦煌シリーズイベント、心の架け橋――中露文化交流百年展示會――、花のごとき素晴らしい成果――十年間中國民間文化遺産保護成果展示會――、無形文化遺産の大學展示會シリーズイベントなどは、大學において素晴らしい文化的効果を収めたのみならず、社會においても大きな反響を呼びました。同研究院は國際文化交流の推進に益々大きな役割を果たしていきます。


 

http://www.025322.live/xywh/whyj/fyc/201412/W020141204382948784744.jpg

 

「無形文化遺産の大學展示會」イベントの現場


http://www.025322.live/xywh/whyj/fyc/201412/W020141203641529522809.jpg


王學仲蕓術研究所


http://www.025322.live/xywh/whyj/wxz/201409/W020140925662701851517.jpg

 

 王學仲蕓術研究所の美術學は國家レベルの一級學科で、寫意畫、書道蕓術、油絵蕓術、工筆畫、美術史論という5つの研究方向が設置されています。1986年、中國最初の美術學修士學位授與権を取得し、現代水墨畫研究、中國書道流派研究、古典油絵技法研究、西洋油絵流派分析、日中蕓術の比較、西洋美術概論、中國線畫蕓術、中國伝統美學、中國古典詩歌などの修士専門課程を開設しています。王學仲が創設した黽學流派の老?中?青という三代の學者(そのうち、教授が6人、副教授が4人、講師が4人います)により授業を行い、絵畫、彫塑、美術、デザインと美術史論を含める學術的な背景は、多様的で、相互補完のできる學科の特徴を表します。そのほか、日本國立神戸大學、筑波大學、中國蕓術研究院、天津美術學院、南開大學などの國內外の有名教授を客員教授として招き入れています。近年、本研究所が培った日本人の留學生の多くは帰國した後、美術學學科で教授などの肩書を與えられ、立派な研究成果をあげています。王學仲蕓術研究所は、學術的人材のレベル構成が適切で、文化の伝承も秩序よくしてきました。國內外でも高く評価され、何度も國內外、香港?マカオ?臺灣からの専門學者を招き、學者の相互派遣によって學術交流を推し進めています。

現在、主な事業の展開方向は以下の通りです。

①中國伝統美學に関する研究。

②教育プロジェクトの開発?!?/span>

教育の面では、中國の蕓術學科の人材の育成に取り組むだけではなく、世界各國からの留學生も積極的に受け入れています。しかも、中國人の學生の海外留學にもいろいろな情報を提供することで、広範な學術的交流の基礎を築いてきました。

③國際的研究プロジェクトの協力を推し進め、國際的シンポジウムを開催します。

④學際的なつながりを強め、既存した文化學、歴史學との協力を保つとともに、更に広範な提攜を深めようとしています。

⑤天津市大學の人文社會科學重點研究基地が本課題の研究に関係資料と情報を提供します。



APEC持続可能エネルギーセンター

 APEC持続可能エネルギーセンター(APSEC)は、2014年のAPEC(アジア太平洋経済協力)フォーラムが中國で開催した時期、中國國家エネルギー局局長である呉新雄が第十一回エネルギー部長級會議で同センターの設立を宣言しました。國務院副総理である張高麗は會議で「今、我々はAPEC持続可能エネルギーセンター(APSEC)の設立を共に見守っています。今後、APSECの運営と保障をしっかりしていくことで、アジア太平洋地域におけるエネルギーの持続可能な発展に自分なりの貢獻をしていきます」と発言しました。會議で採択された「北京宣言」によると、APECの各経済體のエネルギー部長がAPSECの成立に賛成し、力強い支援と指導を提供するようとエネルギー作業部に指示を出しました。

 APSECは、APEC各加盟國がエネルギー分野での戦略的な協力を強化させることに取り組んでいます。また、安定して成熟な情報共有プラットフォームと効率よい協調メカニズムを築くことによって、エネルギー政策と科學技術の研究開発に関する交流を強め、アジア太平洋地域ないしは世界のエネルギー構造を最適化し、エネルギーと環境の危機を改善していきます。そして、平等、開放、ウィンウィンという原則に基づき、アジア太平洋地域の経済のよき成長と、環境保護というダブル目標を実現させ、エネルギーの持続可能な発展を推し進めていきます。

 APSECは天津大學が先頭として設立された研究機関です。天津大學は校內の學際的な優秀的な科學研究の力と人材をまとめ、エネルギー分野で國際一流または國內一流の科學研究機構、産業連盟、重點企業と有名な専門學者を集めることで、ハイレベルな資源統合と高効率の利用を実現しました。また、アジア太平洋地域において、APSECはエネルギー構造の最適化に位置付け、エネルギーの発展の動きを見つめ、エネルギー研究分野の先端的技術に目を向けることで、アジア太平洋地域ないしは世界でも名を馳せる総合的なエネルギー科學研究機構を目指しています。

 國家エネルギー局が國內の主要な管理部門として、APSECに指導と必要な支援を提供します。天津大學は、國家エネルギー局の依頼を受けて、APSECの日常的な運営を管理します。また、APSECの指導委員會を設立し、原則として1年に1回の全體會議を行い、APSECの重要な事業項目や計畫などを審議します。國家エネルギー局局長が指導委員會の主席を、同局の國際協力を兼任する副局長が副主席、天津大學の総長が執行副主席、同局の國際協力部の責任者とAPSECの責任者が委員を務めることになります。國際エネルギー局國際協力部と天津大學で別々に処級レベルの連絡員を配置し、日常仕事の打ち合わせ、連絡や會議のアレンジなどを委託しています。



國家知的財産権戦略実施(天津大學)研究基地

 國家知的財産権戦略的実施(天津大學)研究基地(以下は基地)は、2013年4月、國家知的財産権局の許可で創設されたシンクタンクです。管理學、法學、経済學、工學などの多學科にまたがる理念の下で、知的財産権により國を強める動きに力を入れ、中國の特色、天津大學の特色がある新型なシンクタンクに向かって努力していきます。2014年、2015年と2017年の國家知的財産権局による年度評価で優秀と認定され、2016年に「天津市第一期大學シンクタンク」に入選しました。そして、2017年に天津シンクタンク連盟に加入し、中國シンクタンク索引(CTTI)の構成シンクタンクに選定され、大學シンクタンクランキングのトップ100に入りました。

 本研究基地は今25人の専任研究員が10項目以上の國家自然科學基金、國家社會科學基金によるプロジェクトを擔當しています。そのうち、1項目が國家自然科學基金の重要プロジェクト、30項目以上が省?部レベルのプロジェクト、13項目が國家知的財産権局保護協調部の専門プロジェクトです。また、発表した學術論文の中には、30編以上の論文が「中文社會科學引文索引」(CSSCI)に収載され、國務院知的財産権戦略的実施作業の部門間連攜會議事務室に報告用の「情報速達」を合わせて50號を発行し、同事務室に呈上しました。そのうち、23號が國家知的財産権局の指導者からの意見をもらい、7號がさらなる転化と応用を実現しました。そのほか、研究員の方々は人民日報、光明日報などの理論コーナーで學術論文を5編発表し、學術的な専門著書を2冊出版しました。4つの研究成果が省?部レベル社會科學優秀成果賞を受賞し、そのうち、2つの一等賞が含まれます。5つの研究成果が天津市優秀政策コンサルティング成果賞を受賞し、2つの事例が全國優秀事例トップ100に、30以上の事例が中國管理學事例共有センターに入選しました。


不朽の精神の北洋大學と天津大學は代々伝わるキャンパスである

奕趣贵州麻将公众号